ハロウィンモダン

 

いつ頃からだろうか?
ハロウィンという文化が日本に輸入されたのは。
ぼくが子供のころは無かったぞ。

カボチャをくり抜いたランタン。
黒いとんがり帽子を被った魔女。
あと、おばけやコウモリ。

気づけばこの時期になると、
そういったかわいらしいキャラクターが
街角や、店先に並ぶようになった。

そんな10月の昼下がり、外を歩いていると
ひときわ派手なピンクの提灯が眼に飛び込んで来た。
そこには墨で黒々と「ハロウィン」と書きなぐってある。

いやいや、全部違うから。
ハロウィンで墨とか、提灯とか。

しかし、古くは大陸からの異文化を取り込み、
消化して日本は発展していったではないか。
そのように、ハロウィンというヨーロッパからの文化も
日本流に消化、吸収が始まっているのだ。
この調子で行くと数年後にはハロウィン神輿とか出来てたりして。

今日は、文化のなだらかな変化に出くわした日でした。

 
 
 

広告
カテゴリー: 日記. タグ: . Leave a Comment »

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。